Monthly Archives: 9月 2013

仕事

大学に進学してアニメの世界へ!

大学に進学したからといって、アニメ業界へ就職する夢を諦めなければならないというわけではありません。

トップページでも述べたように、幅広いお仕事があるからです。

大学に進学した人がアニメ業界に就職するまでにしておくべきことを述べていきます。

まず、どの職種に就くにしろ、アニメのことをよく知らなければなりません。

過去のアニメ業界のことを知っておくのはもちろんですが、今現在、どんなアニメが放送されているのか、その出演者、監督、スタッフに至るまで調べておきましょう。

そして、それぞれの作品に対する見解を持っておくのです。

もし、あなたが、アニメーターや声優など、専門的な知識が必要な仕事をどうしてもしたいというのなら、夜間や土日で通える学校にはいることをオススメします。

早いうちに始めた方がいいからです。

その勉強もしつつ、企業研究、作品研究もしつつという毎日はとても大変ですが、やりがいもあるはずですし、業界への知識も増えて、面接で答えられることが増えるはずですよ。

仕事

声優の授業

アニメ業界へ入りたい人の中で、圧倒的に人気の職業が声優です。

声優の仕事は、皆さんも知っての通り、キャラクターに命を吹き込むことです。

アニメだけではなく、映画、ドラマ、ナレーションなど、その活躍は幅広いです。

そんな声優になるためには、どんな授業をこなしていく必要があるのでしょうか?

声優の学校では、すぐに即戦力として活躍できるようにと考えられた授業が組まれています。

授業というよりもレッスンと銘打った方がいいのかもしれません。

声優の学校では、まず、発声訓練、滑舌を直すレッスン、腹式呼吸法などをします。

身体や声を使うための準備をするのです。

歌唱レッスン、ダンスレッスンもあります。

そして、漫才をする学校もあるのです。

ありとあらゆる方法で、表現力を磨いていきます。

その中には、もちろん、正統派の授業もあります。

演劇の台本を使って舞台演劇をやってみたり、即興芝居をやってみたりします。

目指す人も多い分、声優になるのは本当に大変です。覚悟を持った上で頑張ってください。

仕事

アニメーターになるための授業

アニメ業界に入るためのスキルを習得できる学校では、どんな授業が行われているのかを見て行きましょう。

まず、アニメーターになりたい人のための授業では、主に絵を描くことを学んでいきます。

学校に入る前までは、アニメを制作したことなんてないはずですから、パラパラマンガなどで絵が動く楽しさを実感するところから始めます。

その後、実際にもっと深いところまで描く練習をしていきます。

その時の鍵となる原画もきっちり描いていきます。

1年の終わりには、自分のキャラクターを思いのままに動かせるようになっているそうです。

アニメーターになる人は、アニメ制作者の中で、最も作画の授業が多いです。デッサンの授業が多いのです。

この授業では、とにかく量を書かせます。

そして、短時間でできあがるように指導します。

これは、瞬時に必要な線と不必要な線の取捨選択をする訓練です。

アニメーターになったら、毎日、時間との勝負で絵を描き上げていきますから、必要なことなのです。

1 / 11
アニメ業界に就職する!