アニメーターになる


アニメーターになるためには、ある程度の画力と一般常識を兼ね備えてさえいれば、高卒でもなることが出来ます。

しかし、ここで言うある程度のレベルは非常に高く、並大抵の画力では通用しません。

なぜ画力のスキルが非常に高くなくてはならないのか、それは日本アニメの進歩と関係しています。

日本のアニメはジャパンクオリティと呼ばれるだけあって、仕事が細かく丁寧であるためにクオリティが高いです。

しかもそのクオリティは、アニメに精通した人たちを満足させるために、日々進歩していかなければならないのです。

日々進歩を続けるアニメに、対応していくためには、どうしても高い画力を持った人でないと追いつけないということです。

なので、もしアニメーターになりたいのなら、大学もしくは専門学校に行って絵を磨いたほうが、夢への道はグッと近付くでしょう。

高校でどれだけ絵が上手くて評判だったとしても、アニメーターの就職一本に絞らずに、専門学校や大学でもう少し絵について学ぶのも手ではないかと思います。

Comments are closed.

アニメ業界に就職する!